技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造技術データベースサイト イプロス製造業IPROS

製造業技術用語集

この技術解説を印刷する

金型設計ソフト

よみ カナガタセッケイソフト
英 die design software / mold design software
概要 金型設計ソフトとは、金型で作る製品データを元にして、その金型の設計を支援するソフトウェアのこと。2次元CADまたは3次元CADで、特有の設計条件・技術があるためプレス金型用と樹脂金型用に分かれ、専用ソフトの場合と汎用機械設計ソフトのオプション機能(アドオン)として用意される場合とがある。
プレス金型用はブランクレイアウト、ストリップレイアウトなど、樹脂金型用はキャビティ・コア設計(自動分離)などに対応し、CAMと連携してNCデータの作成したり、CAEと連携してシミュレーションしたりできる。
なお英語では、樹脂(射出・ブロー成形)や鋳造に用いる金型“mold”と、プレス金型の“die”を区別される。

この技術用語の意味を理解しよう!

オトナの中学理科講座

【生物】都会でたまに見かけるアブラコウモリ。その体重は?
  1. 1円玉6枚分
  2. 10円玉6枚分
  3. 500円玉6枚分

キーワードリクエスト

製造業技術用語集にて解説を希望する業界用語があれば教えてください。

リクエストする

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ