技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造技術データベースサイト イプロス製造業IPROS

製造業技術用語集

この技術解説を印刷する

量子型赤外線センサ

よみ リョウシガタセキガイセンセンサ
英 Quantum type infrared ray sensor
概要 量子型赤外線センサとは、光エネルギーによって起こる電気現象を検知する赤外線センサの一つ。検出感度が高く、応答速度に優れ、熱型赤外線センサより1001000倍の検出能力を持つが、動作温度が低いために冷却する必要がある。主な量子型赤外線センサにはフォトダイオードやフォトトランジスタ、フォトICなどがある。

一緒に覚えておきたい用語

この技術用語の意味を理解しよう!

オトナの中学理科講座

【生物】右巻きのカタツムリと左巻きのカタツムリ。違うのは?
  1. 移動速度
  2. 大きさ
  3. 寿命

キーワードリクエスト

製造業技術用語集にて解説を希望する業界用語があれば教えてください。

リクエストする

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ