技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造技術データベースサイト イプロス製造業IPROS

製造業技術用語集

この技術解説を印刷する

歯付き座金

よみ ハツキザガネ
英 toothed lock washer
概要 歯付き座金とは、回り止めの機能を果たす歯が外周または内周に付いた座金の一種。ギザ歯の先端部がワークに食込んでねじの回り止めを行う。内歯タイプ、外歯タイプ、内外歯タイプ、皿歯タイプがあり、内歯タイプは締結すると歯が隠れるため、外周部や見える部分に傷を付けたくない場合に使用する。JIS B 1251で規格化されている。金属のワークでアースを取るのに便利なことから、電気製品のねじに併用することもある。見た目が菊の花のようであるところから「菊座金」とも呼ばれる。

この技術用語の意味を理解しよう!

オトナの中学理科講座

キーワードリクエスト

製造業技術用語集にて解説を希望する業界用語があれば教えてください。

リクエストする

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ