技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造技術データベースサイト イプロス製造業IPROS

製造業技術用語集

この技術解説を印刷する

大気炉

よみ タイキロ
英 air atmosphere furnace
概要 大気炉とは、焼成炉の一種で、燃焼に通常の大気(空気)を用いる炉のこと。大気には酸素が含まれるため酸化雰囲気炉とも呼ぶ。
炉としては最も基本的な構造で、電気加熱方式が多く、ヒータには二珪化モリブデン、SICなどが使用される。焼成温度は通常で500~1,000℃程度と低く、高温タイプでも1,500~1,800℃程度である。酸素を嫌う反応には使えない。

大気炉といえばこの会社

掲載方法

精密電気炉・真空機器・半導体関連装置・各種制御装置 設計/製造/販売  取扱い商品:電気炉・雰囲気電気炉・真空電気炉・C...
大気炉の会社を探す

この技術用語の意味を理解しよう!

オトナの中学理科講座

【生物】人が食べると中毒を起こすのは?
  1. 紫陽花
  2. 百合
  3. 菖蒲

キーワードリクエスト

製造業技術用語集にて解説を希望する業界用語があれば教えてください。

リクエストする

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ