技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造技術データベースサイト イプロス製造業IPROS

製造業技術用語集

この技術解説を印刷する

バイオペレット

よみ バイオペレット
英 Bio-Pellet
概要 バイオペレットとは、木材を利用した固形燃料のこと。間伐材や樹皮などの木くずを粉砕・圧縮して固めて作る。直径68mm、長さ2030mm程度。熱量は1kgあたり4200kcalで、石炭の3分の2程度の熱源になると言われている。火力発電所の石炭に混ぜて使うことでCO2発生量を減らせるほか、重油の代替等でも市場の拡大が期待されている。

気になる技術用語コラム

気になるキーワードコラム バイオペレット 2009/2/2(2009年3月31日)

衰退が懸念されている国内の林業ですが、最近は明るい兆しが見えてきたようです。

例えば、雇用情勢の悪化によって林業への就労希望者が殺到しているそうで、長年の懸念材料だった後継者・人材不足もこれによって解消できる可能性が出てきました。また、林業をビジネスとして捉えた場合でも、間伐材や樹皮を利用して製造される『バイオペレット』がCO2削減に有効だということで注目を集めています。

EUのバイオペレット市場は年率20%で成長しており、現在の年間600万トンから2020年には4000万トン市場に拡大すると言われています。日本でも三菱商事が宮崎県や大分県で大規模な生産体制を整えています。

徐々に林業がビジネスとして成立する土壌が整備されるなか、実際に携わる企業や人が、今までの経営から脱却し、新たなビジネスに対応できるか。林業の復活はそれ次第かもしれませんね。

ご意見ご要望はこちら

この技術用語の意味を理解しよう!

オトナの中学理科講座

【物理】マークシートで使っても大丈夫なのは?
  1. 水性サインペン
  2. 油性マーカー
  3. 赤鉛筆

キーワードリクエスト

製造業技術用語集にて解説を希望する業界用語があれば教えてください。

リクエストする

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ