技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造技術データベースサイト イプロス製造業IPROS

製造業技術用語集

この技術解説を印刷する

ナノ粒子

よみ ナノリュウシ
英 nanoparticle / nanosized particle
概要 ナノ粒子とは、ナノテクノロジを用いて作製する、直径がナノメートル(nm)レベルの微細な粒子のこと。素材をナノサイズ化すると活性度や反応性が向上し、通常の固体(バルク)では備えていない量子サイズ効果や、触媒機能、蛍光性など電気的、磁気的、光学的、機械的、化学的な新しい特性が表れる。量子ドットナノ粒子のひとつである。
作製方法には、機械的な粉砕方法や、メカノケミカル法、メカニカルアロイング法、レーザー蒸発法、気相法、液相法などがある。コーティング材や、塗料接着剤、燃料電池用材料、蛍光材料、磁気記録材料、研摩材など広範囲に利用されつつある。

ナノ粒子といえばこの会社

掲載方法

●液体、粉粒体の乳化、分散、混練、微粒化機器の製造、販売とシステムエンジニアリング ●乳化、分散に関するハードとソフト...
ナノ粒子の会社を探す

この技術用語の意味を理解しよう!

オトナの中学理科講座

【物理】人類が使用するエネルギーを全てまかなえる太陽光パネルの面積は?(2010年現在)
  1. 南アフリカくらい(日本の3倍)
  2. インドくらい(日本の9倍)
  3. カナダくらい(日本の26倍)

キーワードリクエスト

製造業技術用語集にて解説を希望する業界用語があれば教えてください。

リクエストする

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ