技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造技術データベースサイト イプロス製造業IPROS

オトナの中学理科講座

 

【生物】ミミズの体の部分的に太い場所で何がわかる?

環形動物の代表例のミミズ。よく見ると体の一部分だけが幅広く、太くなっていますね。この部分は専門的には「環帯」と呼びますが、実はこの環帯で見分けることができることがあります。それは何でしょう?
正解

正解は 「大人か子供か」

実はミミズは雌雄同体。繁殖ができるようなると「環帯」が現れてきます。環帯の近くには生殖器があり、繁殖の際には2匹のミミズが環帯を寄せ合い、そこでお互いの精子を交換します。そして体内から出てきた卵子と受精することで、受精卵となります。ちなみに、環帯があるほうが『頭』です。

不正解

正解は 「大人か子供か」

実はミミズは雌雄同体。繁殖ができるようなると「環帯」が現れてきます。環帯の近くには生殖器があり、繁殖の際には2匹のミミズが環帯を寄せ合い、そこでお互いの精子を交換します。そして体内から出てきた卵子と受精することで、受精卵となります。ちなみに、環帯があるほうが『頭』です。

オススメ用語解説

分光分析装置

概要

分光分析装置とは、金属や鉱物などを対象として、物質が放出または吸収する光のスペクトルを調査することで、物質の成分元素の定性的、定量的分析を行う分光分析を行う装置である。分光分析では、γ線からマイクロ波まで幅広い波長領域を対象としてスペクト分析が行われる。分光分析には、高エネルギー状態から基底状態に戻る際の物質の発光を分析する発光分析と、逆に物資の吸光を分析する吸光分析の2種類がある。
・・・続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

Castolin Eutecticは、保守溶接・溶射に関して、非常に幅広い製品 ライン と全世界を網羅した販売・サービス網で社会に貢献します...
ユテクジャパン

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ