技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造技術データベースサイト イプロス製造業IPROS

オトナの中学理科講座

 

【物理】マークシートで使っても大丈夫なのは?

一般的なマークシートでは『黒い鉛筆』を使うよう勧められますね。もちろんその指示に従っている方がほとんどかと思いますが…。そこで問題。以下のうち、マークシートで黒い鉛筆の代わりに使っても大丈夫なものは、一体どれでしょうか?
正解

正解は 「水性サインペン」

黒鉛筆用のマークシートは、黒鉛筆に含まれる炭素に赤外線を照射し、その吸収の度合いによって読み取っています。赤鉛筆や油性マーカーなどは赤外線を吸収する炭素成分が含まれていないため、マークシートでは読み取られません。 ちなみに、競馬やtoto(サッカーくじ)などのマークシートは赤外線ではなく可視光で読み取るので、黒色であればどんなものでマークしても大丈夫です。

不正解

正解は 「水性サインペン」

黒鉛筆用のマークシートは、黒鉛筆に含まれる炭素に赤外線を照射し、その吸収の度合いによって読み取っています。赤鉛筆や油性マーカーなどは赤外線を吸収する炭素成分が含まれていないため、マークシートでは読み取られません。 ちなみに、競馬やtoto(サッカーくじ)などのマークシートは赤外線ではなく可視光で読み取るので、黒色であればどんなものでマークしても大丈夫です。

オススメ用語解説

マーキング

概要

マーキングとは、工業製品に文字や記号、ロゴマークなどを刻印すること。
マーキング
される情報には“ダイレクトマーキング”と“ソースマーキング”の2種類がある。

賞味期限やロット番号、シリアル番号など製品やロットごとに変更する必要がある印字内容は、製造工程内で製品に直接印字することが多いので“ダイレクトマーキング”と呼ばれる。一方、商品名やモデル名、メーカー名など変更の必要がなく、製品容器やパッケージ等にあらかじめ刻印されるものを“ソースマーキング”と言う。
マーキング装置
にはレーザビームの熱で刻印する“レーザマーカー”、インクで印字する“インクジェットプリンタ”、製品に直接文字を刻む刻印などがある。
・・・続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

食品、化学、薬品、環境等の粉粒体機械製作販売、及びそのプラント設備設計施工、輸出入販売
西村機械製作所

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ