技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造技術データベースサイト イプロス製造業IPROS

オトナの中学理科講座

 

【物理】ヘリウムガスの変な声。火星でやると?

パーティーなどで見かけるヘリウムガスのボンベ。ガスを吸ってしゃべると声が高く、『変な声』が聞こえますね。さて、仮にこれを火星でやったとしたら、地球で聞く『変な声』にくらべてどのような違いがあるでしょうか?ちなみに、火星の大気中の音速は地球の2/3です。
正解

正解は 「地球とほぼ同じ変な声に聞こえる」

ヘリウムガスを吸うと音を伝達する物質がヘリウムになり、結果音速が上がります。(音速は媒介する物質により変化します) 人の声帯の仕組みの場合、音速が上がる物質中だと振動数が上がり、結果高い音が聞こえます。 火星でヘリウムガスを吸った場合も、ヘリウムガスが音が媒介することにはほぼ変わりはないので、地球と同じ感じの『変な声』が聞こえます。 ちなみに、火星の大気の音速は2/3なので普通の会話の声は地球より低くなり、地球と同じ声を聞きたい場合は、窒素ガスを吸ってしゃべることになります。

不正解

正解は 「地球とほぼ同じ変な声に聞こえる」

ヘリウムガスを吸うと音を伝達する物質がヘリウムになり、結果音速が上がります。(音速は媒介する物質により変化します) 人の声帯の仕組みの場合、音速が上がる物質中だと振動数が上がり、結果高い音が聞こえます。 火星でヘリウムガスを吸った場合も、ヘリウムガスが音が媒介することにはほぼ変わりはないので、地球と同じ感じの『変な声』が聞こえます。 ちなみに、火星の大気の音速は2/3なので普通の会話の声は地球より低くなり、地球と同じ声を聞きたい場合は、窒素ガスを吸ってしゃべることになります。

オススメ用語解説

JJY

概要

JJYとは、日本標準時(JST)を送信する無線局のことで、同時にこの無線局が発する標準電波のこと。独立行政法人・情報通信研究機構(NICT)が運用している。国内には、福島県田村市のおおたかどや山標準電波送信所(周波数40kHz)と、佐賀県佐賀市のはがね山標準電波送信所( 60kHz)の2つの送信所があり、空中線電力は50kW、24時間の平均で10のマイナス11乗の精度を得ることができる。
電波時計は、このJJYを受信し、誤差を自動的に修正する機能を備えている。
・・・続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

● 特殊車輌開発生産(トレーラー、電動車、バッテリー車、エンジン車) ● 物流システム機器開発生産(コンベアーシステム、油圧ソフト、...
佐野車輌製作所

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ