技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造技術データベースサイト イプロス製造業IPROS

オトナの中学理科講座

 

【地学】火星の暦。うるう年の割合は?

地球は太陽の周りを1回公転する間に365.2422回転しており、4年に1度、2月を1日増やす閏年を設けて暦を調整していますね。 もし人類が火星に移住することになれば、やはり暦は必要ですが、火星の場合は自転・公転周期が地球とは異なります。そこで問題。火星で太陽暦を用いる場合、閏年(1年が1日多い年)を入れる回数は、どのくらいの割合でしょうか?(ちなみに、火星は公転1回につき、668.550回自転しています)。
正解

正解は 「20年に11回」

火星の自転周期は約24時間37分で地球とほとんど変わりませんが、太陽系のより外側を公転しているため、1年の長さは地球の約1.88倍です(四季もより長くなります)。 閏年の回数は自転と公転の周期のズレから求めることができます。火星が公転する間の自転回数668.550の端数(0.550)から、1年では0.55日のズレとなるので、2年で1.1日、20年で11日の調整が必要です。 したがって、火星での1日多い閏年は20年に11回。カレンダーの半数以上が閏年となります。

不正解

正解は 「20年に11回」

火星の自転周期は約24時間37分で地球とほとんど変わりませんが、太陽系のより外側を公転しているため、1年の長さは地球の約1.88倍です(四季もより長くなります)。 閏年の回数は自転と公転の周期のズレから求めることができます。火星が公転する間の自転回数668.550の端数(0.550)から、1年では0.55日のズレとなるので、2年で1.1日、20年で11日の調整が必要です。 したがって、火星での1日多い閏年は20年に11回。カレンダーの半数以上が閏年となります。

オススメ用語解説

低温プラズマ表面処理装置

概要

低温プラズマ表面処理装置とは、高周波発振機により電子温度のみが高い低温プラズマ状態を発生させ、これを衝突させることでワーク表面の性質を変化させるプラズマ表面処理装置の一種。低温・大気圧での処理ができ、ワークへのダメージがないという特長をもつため、エンプラ素材やガラス、木材にも適用可能である。
表面のクリーニングや、親水性・疎水性の付加、接着強度の向上、異種材料間の接着の前処理などに使用されている。
・・・続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

パンチング機器、ベンディング機器、伝動機器、精密機器、精密金型、マシンシャッター等の製造販売
アイセル

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ