技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造技術データベースサイト イプロス製造業IPROS

オトナの中学理科講座

 

【地学】北斗七星の柄杓の柄から2番目の星をよく見ると?

冬は夜空の星がきれいに見えますね。北の空には北斗七星がひしゃくの形に並んでいますが、ひしゃくの柄から2番目の星は、実はよく見ると他の星とは違って見えます。さて、どのように見えるでしょうか?
正解

正解は 「すぐ近くにもう1つ星が見える」

北斗七星のひしゃくの柄から2番目の星は『ミザール』と呼ばれますが、このすぐ近くには連星系をなすアルコルがあります。暗い星であるため、視力が良くないと見分けられないことから、過去には視力検査にも使われていました。 ちなみに北斗の『斗』とは、『ひしゃく』という意味です。

不正解

正解は 「すぐ近くにもう1つ星が見える」

北斗七星のひしゃくの柄から2番目の星は『ミザール』と呼ばれますが、このすぐ近くには連星系をなすアルコルがあります。暗い星であるため、視力が良くないと見分けられないことから、過去には視力検査にも使われていました。 ちなみに北斗の『斗』とは、『ひしゃく』という意味です。

オススメ用語解説

オイルミストフィルタ

概要

オイルミストフィルタとは、切削加工時の飛散や、加熱により蒸発した油の微粒子を除去するパーツのこと。オイルミストフィルタを内蔵したフィルタ装置自体を指す場合もある。ろ材は主に金属メッシュで、エアコンの吸入口や、加工機の排気部分に取付けて使用する。ろ過精度は0.1μm程度だが、高速機器を用いる現場では粒子径も細かくなるので、より高精度なフィルタが必要になる。
オイルミスト
は、周囲の機器の動作や、ワークの品質に影響を与えるだけではなく、作業者の健康を害する恐れがあり、作業環境の保全のためにも重要である。
・・・続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

プラント設備、複雑な配管形状を多数保有する工場や橋梁、道路をはじめとする社会インフラ設備を3Dレーザースキャナーによって計測し、効率的な現況...
SGS

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ