技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造技術データベースサイト イプロス製造業IPROS

オトナの中学理科講座

 

【生物】『球根』って何?

秋植え球根の代表的なものの一つがチューリップですね。秋に植えると、冬の寒さに耐え春にはきれいな花を咲かせてくれます。ところでこのチューリップの球根。一体どのようなものなのでしょうか?
正解

正解は 「咲き終わった「葉」の根もとが変化したもの」

チューリップは花が咲き終わると「葉」の付け根に栄養を集め球根を作ります。 1枚の葉につき1つの球根ができるので、1本の花から3つほどの球根ができます。ちなみにこれは無性生殖で、球根はもとの花と同じDNAを持っています。 一方、受粉・受精してタネが作られる有性生殖では、異なるDNAのチューリップが誕生します。 ただ、タネを植えて花が咲くまでには5~6年ほどかかるため、園芸などでは主に球根が使用されます。

不正解

正解は 「咲き終わった「葉」の根もとが変化したもの」

チューリップは花が咲き終わると「葉」の付け根に栄養を集め球根を作ります。 1枚の葉につき1つの球根ができるので、1本の花から3つほどの球根ができます。ちなみにこれは無性生殖で、球根はもとの花と同じDNAを持っています。 一方、受粉・受精してタネが作られる有性生殖では、異なるDNAのチューリップが誕生します。 ただ、タネを植えて花が咲くまでには5~6年ほどかかるため、園芸などでは主に球根が使用されます。

オススメ用語解説

拡張現実

概要

拡張現実とは、人間が感覚として現実世界から得る情報(主に視覚情報)に、コンピュータを用いて情報を付加・補足すること、および付加されて拡大した状況そのもののこと。全部をコンピュータで合成して作り上げる仮想現実(VR)に対する言い方で、英語のAugmented Realityを略して「AR」(エーアール)と呼ぶことも多い。視覚情報の拡張現実を作るには、リアルな現実世界を取込むカメラと、ズレなく合成するためのセンサ類、付加する情報を収めたデータベース、合成後の拡張現実を表示するディスプレイなどが必要である。
・・・続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

【取扱い商品】 ○DLG電池関連 ○充電器関連 ○LED ○釣り用バッテリー ○テスター ○DC/ACコンバーター ○LED照...
八洲電業

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ