技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造技術データベースサイト イプロス製造業IPROS

オトナの中学理科講座

 

【生物】うなぎの毒はどこにある?

土用丑の日には蒲焼を食される方も多いのではないでしょうか?さて、美味しく調理された蒲焼ですが、実はうなぎが持つ“毒”が取り除かれています。そこで問題、うなぎの毒はどこに含まれているのでしょうか?
正解

正解は 「血」

うなぎの血にはイクシオトキシンという神経毒が含まれています。これは加熱することで毒性が消えるので、うなぎは主に加熱調理されています。 ちなみに、うなぎのヌルヌルの皮膚にもわずかながら別の毒が含まれているので、生で取り扱う際には十分注意をしましょう。

不正解

正解は 「血」

うなぎの血にはイクシオトキシンという神経毒が含まれています。これは加熱することで毒性が消えるので、うなぎは主に加熱調理されています。 ちなみに、うなぎのヌルヌルの皮膚にもわずかながら別の毒が含まれているので、生で取り扱う際には十分注意をしましょう。

オススメ用語解説

振動試験

概要

振動試験とは、部品や製品に対して、出荷する前に、実際の使用環境での信頼性、耐久性を評価するために振動や衝撃を与える試験のこと。JIS規格や、IEC、DIN、MILなどの国際規格で、振動の強度・周波数、加振する時間、評価基準などが定められている。製品自体の耐久性、繰返し耐振動性、疲労に加え、梱包方式なども評価の対象となる。加振方法には機械式、油圧式、強音式などがある。
・・・続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

展示会に出展致します!! ■ビジネスエンカレッジフェア2016■ ・日時:2016年11月9日(水)、10日(木) ・場所:マイドー...
リグナイト

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ